耐火

火に強いツーバイフォー住宅

木材は火に弱いと思われがちですが、耐火性を持った素材です。その木材の特性と構造により、ツーバイフォー住宅は火災に強い建築物です。近年は4階建て住宅や、商業施設などの大型建築物も木造で建てられています。

火に強いツーバイフォー材

ある程度の太さや厚さがある断面の大きい木材はいったん燃えても表面に炭化層をつくるだけで火は内部まで進行しないため、強度が低下しにくいという性質を持っています。これに対し、鉄は550℃を超えると急速に柔らかく変形し、その強度が大幅に低下します。実は木は火に強い材料なのです。

石こうボードでさらに耐火性能アップ

ツーバイフォー工法では、すべての天井や壁の内側全面に石こうボードが張られます。石こうボードの中には約21%の結晶水が含まれていて、炎があたると熱分解を起こして約20分もの間、水蒸気を放出するという優れた特性を発揮します。このため火災が発生しても、天井裏や壁の内部温度が上昇しにくく、構造材が発火点(約450℃)に達するまでの時間を大きく遅らせることができます。また床・壁の内部に埋め込まれる断熱材も、火災時の熱を構造材に伝わりにくくし、石こうボードとともに木材の発火を遅らせます。これによりツーバイフォー住宅の耐火性はさらに高くなっています。

石こうボードを張った間仕切壁の一時間耐火構造試験

燃え広がりにくいファイヤーストップ構造

ツーバイフォー住宅の場合、火の通り道となる床や壁の枠組材などがファイヤーストップ材となって空気の流れを遮断し、上階へ火が燃え広がるのをくい止めます。
床根太、枠組材などが一定間隔で組まれているため、材に囲まれた一つひとつの空間が防火区間となり火の進行が遅くなるのです。
火災時に防火被覆(石こうボード)が万一突破されても、このように2重3重の防火機能を持つ「ファイヤーストップ構造」によりツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災の被害を最小限に抑えることができます。

こだわり
オーダーメイド
COCORO CREATION
地域密着
専任チーム制
長期安心
品質管理
テクノロジー
パッシブデザイン
耐震×制震
断熱
耐火