資金計画vol.1 10%目前!消費税増税前の住まいづくり

2016年6月政府は、消費税率10%への引き上げを19年10月まで2年半先送りすることを表明しました。今後、住宅取得に係る税制上の措置等に関しては、正式な発表があり次第更新していきます。

※以下の内容は、2015年12月時点の情報です。

 

 

「もっと早く家づくりを始めておけば良かった!」

とならないように…

 

2017年4月1日から消費税が8%から10%に増税されることが決まっています。

[消 費 税 法 改 正 の お 知 ら せ/国税庁]

 

住まいづくりは建物の建築費に加えて、引越し・ローン・保険・家具・家電代などが掛かり、

消費税アップの影響を様々な面において受けます。

大きな買い物だから、消費税の増税前に賢く購入するのも1つの選択肢と言えます。

 

 

 

Point1 8%の消費税で住まいづくりをするなら…

1)2017年3月31日までに完成・引渡しを受ける。

2)2016年9月末日までに工事請負を締結する。(「経過措置」の対象となります)

「経過措置」とは?

住まいの完成・引渡しが2017年4月1日以降になると通常10%が適用されますが、条件が整えば現行の8%が適用される「経過措置」の対象となれます。その条件は、「2016年9月末日までに工事請負を締結すること」です。この日までに契約をすれば、完成・引渡しが2017年4月1日以降になっても消費税は8%のままでよいのです。

 

 

Point2 いつから家づくりに取り掛かるべきか?

「ご相談~ご提案~詳細設計の決定と請負契約」までを2016年9月末日までに終わらせることになります。

掛かる時間は、お打ち合わせ・ご提案の回数に大きく影響されてさまざまですが、平均的に6ヶ月みておくとよいでしょう。

 

土地探しからはじめる場合は、早いに越したことはありません。ご希望条件の土地はいつ市場に出てくるかわからないので、すぐにでも始めたいところです。(但し消費税は、土地の売買仲介手数料には掛かりますが、購入代金には掛かりません。)

 

 

 

 

図1

※⑤請負契約~⑥着工~⑦完成お引き渡しまでの期間は、物件により大きく変わってきます。

上記表はあくまで目安です。

 

 

 

 

注意!

注文住宅を購入する際、請負契約から引き渡しまでは6ヵ月前後かかります。

これまでの消費税増税時にも「経過措置」が取られてきましたが、適用を目的に駆け込み需要が高まり大工などの職人不足が起き、請負契約から引き渡しまでにかかる期間が長くなる可能性もあります。早めの住まいづくりのスタートをおすすめします。

 

 

 

2015年12月の情報です